あああああ

↓登録ができていなかった分

 

 

 

↓男性で登録、偽名でOK

 

↓新規出会い系登録

【セックス体位】後背位(バック)が上手くなるコツ

こんにちは、ジョーです。

 

 

今回は後背位(バック)が上達する方法、

女性をイカせる腰の動かし方について

紹介していきます。

 

目次

 

 

セックス体位-後背位(バック)とは?

 

後背位はエッチな話題や行為中には

バックと呼ばれることがほとんどで、

このバックはセックス中一度は取り入れるという男女も多いです。

 

 

スタンダードなバックは、

女性が四つん這いになり男が後ろから挿入するスタイルで、

見た目でも興奮しやすく、男性は動きやすい体位であり、

相手の表情を気にすることなくガンガン突けます

 

 

女性は奥まで入りGスポットにも当たりやすい

ということで人気が高いです。

 

 

しかし、女性によっては、人気の理由でもある、

「深く入ってしまう」点が気になり痛みを感じてしまう人もいます

 

 

また、バックは女性がお尻を高く

つきあげなければいけないので、

経験の浅い女性は恥ずかしがって嫌がることがあります

 

 

女性からすると、

男性に背後に回られて突かれることは

非常に無防備な状態です。

 

 

なので、信頼している男性でないと、

後背位を楽しむことができません。

 

 

その意味で後背位は、動物的であっても、

愛にあふれる体位とも言えます。

 

 

双方が立って女性が壁に手を付きそのまま挿入する

「立ちバック」もあり、

いずれも野生的で興奮しやすい体位です

 

 

膣が背中側に寄っている下付きの女性は特に快感を得やすく

反対にお腹側に寄っている上付きの女性は

少し無理な体勢になることもあります。

 

 

基本的に日本人の女性は、

膣が背中側に寄っているので

バックはやりやすい体位でもあります。

 

 

クリトリスが全く刺激されないので、

クリトリスが感じやすい女性には、

後ほど紹介する小技テクニックを使いましょう。

 

 

また、身長なども考慮する必要があるので、

相手の女性によっては、段差を利用するなどの工夫をしましょう。

 

 

 

後背位での挿入の仕方

 

通常のバックも立ちバックも、

お互いの身長を考えることが大事です。

 

 

まず女性に四つん這いスタイルをとってもらい、

自分はその後ろで膝立ちの状態で女性のお尻に近づきます。

 

 

膝立ちは調整できませんが、

四つん這いはひじひざの曲げ具合で調整できるので、

高い低いといった場合は女性にお願いしましょう。

 

 

位置が定まったら両手でお尻や腰あたりをぐっと支え、

ゆっくりと挿入していきます。

 

 

挿入の瞬間は痛みを感じる女性も多いので一気に入れず、

ゆっくりと挿入し、膣が慣れてくるのを待ちます。

 

 

バックは体勢的に奥まで入りやすいですが、

いきなり奥まで到達すると痛いですし、

 

 

快感のGスポットは奥より少し手前に存在するため

最初は浅めに挿入します

 

 

女性の呼吸が落ち着いてきた頃を見計らって、

ストロークを開始しましょう。

 

 

後背位での腰の振り方

 

バックは男性にとって、

比較的動きやすい体位と言われています。

 

 

正常位などは女性の背中がベッドに着いていて

全て自分が動かなくてはならないのに対し、

 

 

バックは四つん這いのため女性も前後に動くことができ、

自分が腰を前に出すと同時に女性の腰を引いて

勢いよく打ち付けることができます。

 

 

実際、腰の振り方はいくら言葉や映像で見ても

実践でのみ理解できる場合が多いので、

まず布団などで練習してみるのも手です。

 

 

始めは挿入してスムーズに

腰を振れるようになるだけで十分ですし、

 

 

段々慣れてきたら女性の反応や

Gスポットを意識しながら振り方を変えてみる

といった応用に移りましょう。

 

 

そして最も大切なのは、

あなた自身が気持ちよくなっているかどうか。

 

 

女性は男性から漏れる吐息などで更に興奮しますから、

女性を気持ちよくすることだけではなく

自分が気持ちよくなれるように締まりや角度などを調節しましょう。

 

 

バックが上手くなる小技テクニック集

 

バックの中でも種類はたくさんあり、

Gスポットが刺激されやすいバック、

クリトリスを愛撫できるバック、

キスがしやすいバックなど、

 

 

それぞれのメリット部分を活かしながら

バックを使い分けることができます。

 

 

セックスが下手な人の特徴として、

「単調である」「リズムが同じ」

「同じ体位ばかりで女性への刺激が少ない」などがあります。

 

 

逆に言うと、セックスが上手くなりたいなら

「リズムを変える」「体位を変えて飽きさせない」

ということになります。

 

 

なので、これから紹介する小技テクニックを

しっかり頭に入れ、実践していくことで

自然とセックスが上手くなり、

女性を簡単にイカセることができます。

 

 

セックスをより楽しみ、

上手くなりたいならぜひ参考にしてください。

 

 

クリトリスの刺激が好きな女性は寝バック


クリトリスへの愛撫が好きな女性は

四つん這いの体位よりも、寝バックの方がおすすめです

 

 

四つん這いでもできなくはないですが、

同時に腰を動かすのは体勢が崩れやすいので寝バック

(女性がうつ伏せで寝てお尻だけ持ち上げる形)がやりやすいです。

 


この体位なら片手でクリトリスを触りながらできます。

 

 

この姿勢なら女性も楽なので、

じっくり攻めてあげてください。

 

 

顔が見えないバックの体位は

神経があの部分に集中しやすいので、

正常位のときより感じるようになる女性もいます。

 

 

その他にも寝バックで挿入しながら、

背中や首筋などにタッチしてあげると

さらに感度がよくなります。

 

 

また挿入して腰を動かしながら、

女性のお尻を左右から押さえてみてください。

 

 

お尻の膨らみの中央部分を手のひらで

左右をそれぞれに押してみると、

膣イキができる可能性が高まります

 

 

四つん這いから覆いかぶる


キスをしたければ、

ここから覆いかぶさるようにして密着するのがいいでしょう。

 

 

距離が近くなるので、

男性は女性の胸も触り易くなります。

 

 

また、男性の身体と女性の身体が

平行になってくると

垂直の時に比べて刺激は弱くなります。

 

 

「痛いから刺激を弱くしてほしい」と頼まれたら、

この体位で優しく抱擁してあげるといいでしょう。

 

 

痛みを和らげるだけでなく、

密着することで「触れている」という安心感も与えられます。

 


腕を引っ張りながら


オーソドックスな体勢から、

腕を引っ張って行うという方法もあります。

 

 

腕を引くとバックでも深い挿入ができます

 

 

AVで両腕を引っ張るというのがありますが、

女性はバランスが取りづらくなるため、

慣れないうちは片手で引っ張るだけにしたほうがいいかもしれません。

 

 

平行寝バック


男性も身体を寝かせます。

 

 

つまり、女性の上から覆いかぶさるように密着します。

 

 

身動きが取りづらいことに快感を感じる

女性にはこの体位がいいでしょう。

 

 

密着したときは、ピストン運動がやや難しくなるので、

女性に腰を少し反らしてもらうと動かしやすくなります。

 

 

また、女性が足を閉じた状態だと

膣が閉まるので、男性はイキやすくなります。

 

 

壁に手をつく


床や物ではなくて、壁に手をつくという方法もあります。

 

 

女性は身体を斜めの角度にするのがポイントで、

男性は密着しすぎずに、姿勢をまっすぐに保ちましょう。

 

 

子宮口よりGスポットを刺激しやすくなり

やさしい刺激になります。

 

 

また、ここからさらに、

片足を持ち上げて…というバリエーションも考えられます。

 

 

ベッド以外の場所で立ちバック

 

同じ場所でずっとセックスをしているより、

いろんな場所でやってみると興奮度が一気に上がります

 

 

そのときによく使われる体位として立ちバックがあり、

ベランダや台所などでいつもと違う雰囲気を

味わえることができます。

 

 

また、さらなる興奮を求めて

屋外でセックスをする人もおり、

 

 

AVでも見られるように、職場や学校、

試着室などベッドのないところで

セックスをするのもより一層快感が得られます。

 

 

抱き上げ


腰を掴んで行うのでなく

ももを掴んで抱き上げるのが『抱き上げ』という方法です。

 

 

体力勝負になりますが、

不安定な体勢がいつもと違う刺激を生み出します

 

 

『押し車』というのもありますが、

こちらは男性は立った状態で挿入し、

女性は床に手をつく格好になります。

 

 

力のある男性は一度試してみてください。

 

 

もし、無理をして足持ち上げると、

女性から「頼りない」と思われるので、

力に自信がない方はおすすめしません。

 


つばめがえし


男性は、女性の脚のどちらか片方を持ち上げ、

もう片方の脚の上にまたがるような姿勢で

行う寝バックが『つばめがえし』です。

 

 

先ほど紹介した「抱き上げ」は力がいるので、

力に自信のない方はこちらの

「つばめがえし」をおすすめします。

 

 

真後ろから突くのでなく、

身体を少し斜めにずらしたほうがやりやすいです

 

 

片足を持ち上げることで刺激が変化するので

マンネリ化の防止にいい体位かもしれません。

 

 

まとめ

後背位(バック)での挿入の仕方、

腰の動かし方、

バックが上手くなる小技テクニックについて紹介しました。

 

 

バックについて軽く復習してみましょう。

 

 

メリット

・見た目でも興奮しやすい

・男性は動きやすい体位である

・相手の表情を気にすることなくガンガン突ける

・女性は奥まで入りGスポットにも当たりやすい

 

 

デメリット

・「深く入ってしまう」点が気になり痛みを感じてしまう

・女性は無防備な状態で恥じらいがある

 

 

注意点

・身長なども考慮する必要があるので、

 相手の女性によっては、

 段差を利用するなどの工夫をする

・バックは奥まで入りやすいが、

 いきなり奥まで到達すると痛いので、

 最初は浅めに挿入する

 

 

 

バックが上手くなる小技テクニック

クリトリスの刺激が好きな女性は寝バック

・キスをしたければ、四つん這いから覆いかぶる

・腕を引っ張りながら

・膣を締めやすくする平行寝バック
・壁に手をつくことでGスポットを刺激

ベッド以外の場所で興奮を味わう

・不安定な体勢がいつもと違う刺激を生み出す抱き上げ

・マンネリ化を防止するつばめがえし

 

 

以上が後背位(バック)についての説明です。

バックが上達することを願っています。

 

 

今回は以上です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

女性を本当に気持ちよくさせる!クンニのやり方とポイント

こんにちは、ジョーです。

 

 

今回はクンニでイカせる方法、

コツを紹介します。

 

 

目次

 

 

 

 

クンニとは?

クンニの正式名称はクンニリングスと言い、

セックスでの前戯のひとつです。

 

 

クンニはクリトリスだけを

舐めれば良いと思っていませんか?

 

 

これこそが、最もよくある男性の勘違いなのです。

 

 

クンニは、クリトリス、膣、小陰唇、大陰唇と

女性器すべてを舐めてあげる行為です。

 

 

それだけクンニというのは奥が深いのです。

クンニリングスとは女性器を舌で舐めて愛撫することです。

 

 

性器を直接舐められることを嫌がる女性は確かにいます。

特に生理直後は匂いやオリモノなどが気になるのか、

顔を近づけても逃げるだけです。

 

 

そんな女性にクンニをしても、

その女性自身が興奮しないので、

男性のエゴだけの愛撫になってしまいます。

 

 

胸から、腹、そして徐々に下に顔を近づけ、

そこまできて嫌がるような素振りをみせたら

クンニをすることは諦めましょう。

 

 

しかし、できるならばやってあげると

とても効果があります。

 

 

クンニリングスの魅力は

舌の「柔らかさ」「温かさ」「(左右の)動きの早さ」

の3つです。

 

 

クンニの最大のメリットは、

指よりも柔らかい舌を使って愛撫することで、

とても深い快感を与えることが出来ます

 

 

また、舌は「左右」の動きが得意で、

指や男性器では再現できない刺激を与えることも可能です。

 

 

 

また、濡れにくい女性も、

唾液でべちゃべちゃにすることで、

その後の挿入が容易になるというメリットもあります。

 

 

 

できるだけ前戯のなかに組みこみたい

必須テクニックと言えるでしょう。

 

 

 

クンニをする前に知っておきたい

 

実はクンニで女性をイカせるのは難しいです。 

 

 

ちょうど女性が男性をフェラチオでイカせるように、 

「技術的」かつ「体力的」にかなりしんどいです。 

クンニを習得したい男性はこの点を心得ましょう。 

 

 

また、クンニは女性にとって、

とても恥ずかしい行為です。

 

 

大好きな相手に自分の恥ずかしい箇所を全て

オープンにして見せるのですから当然です。

 

 

クンニは指に比べて傷をつけられる事が少ないため、

女性側が安心できるという長所があります。

 

 

フェラチオが嫌いな男性はほとんどいないはずです。

舐められると気持ちよくなるのは、

男性も女性も同じなのです。

 

 

なかなか自分から

「ねえ、クンニして?」

とは言い出せないのが現実です。

 

 

しかし心の中では、

愛あるクンニを望んでいる女性は

かなり多くいると心得ておきましょう。

 

 

しかし、中には「舐められる感触に慣れない」、

「やっぱり恥ずかしい」とクンニされるのを嫌ったり、

汚い部分を舐めさせたくない」という理由でクンニを拒む女性もいます。

 

 

嫌がる女性に対して強引にクンニをしても、

今度はセックスをしてくれなくなる可能性もあります。

 

 

もしどうしてもしたいのであれば、

女性がクンニされたくない理由を知っておく必要があります

 

 

答えてくれそうであれば彼女に聞いてみましょう。

 

 

その際、注意してほしいことがあります。

 

 

問い詰めるのではなく、

「彼女に気持ちよくなってもらいたい」と言ったふうに、

相手のためにしたいということを優しく伝えてあげるのがおすすめです。

 

 

クンニをさせてくれない理由が

もし見られるのが恥ずかしいからというのであれば、

部屋を真っ暗にして見えない状態ですることを

約束してみてはいかがでしょうか?

 

 

真っ暗な中であれば彼女も大胆になれると思います。

 

 

その際に気をつけるのはクンニをするタイミングです。

 

 

ある程度イカせた後、

気が緩んでいる時がねらい目です。

 

 

そのときに「試してみたい」と言えば

乗ってくれる可能性が大きいでしょう。

 

 

女性はナイーブですから

変な臭いがして、彼氏にそれを嗅がれるのが嫌…

だという人だっていることを覚えておきましょう。

 

 

彼女とお風呂に入った時にしっかりと洗ってもらい、

その場でクンニさせてもらうというのもひとつのやり方です。

 

 

洗ったばかりだから石鹸の匂いしかしないと分かれば、

彼女の抵抗も和らぐはずです。

 

 

女性器を舐められたことがなく、

舐められる感触に慣れていないという女性であれば、

 

 

ローションや唾でしっかりと濡らして指で愛撫し、

「舐められるのはこれよりも気持ち良い」

ということを伝えてみましょう。

 

 

そうすることで興味を引くことができます。

 

 

女性は性器に直接見られるのを恥ずかしかったり、

匂いを気にしていること、

特に生理直後は「匂い」や「オリモノ」を気にして嫌がることもあります。

 

 

女性の性的快感は身体よりも

脳と関係しているので不快感があれば快感は半減します。

 

 

なので、女性が嫌がっている様子ならクンニはせず

他の事で気持ちよくしてあげましょう。

 

 

正しいクンニのやり方

 

ひとくちにクンニリングスと言っても、

舌の使い方は以下の3つが主になります。

 

 

舌先でクリトリスを愛撫する、

舌腹でクリトリスを愛撫する、

舌をすぼめて膣を愛撫する。

 

 

アヌスを舐める方法もありますが、

初心者は「クリトリス」と「膣」を意識してみましょう。

 

 

クンニをするにあたっては

常に舌先や唇が乾かないように注意し、

乾いてきたと思ったら愛液か唾液で水分補給しましょう。

 

 

乾いた舌で女性器を舐められた場合、

痛いと感じてしまうからです。

 

 

男性も、乾いた手で亀頭をこすられたら

痛みを感じますよね?それと同じです。

 

 

なので、乾いた状態で始めてはいけません。

 

 

初めはとにかく

「ゆっくり」「やさしく」「焦らしつつ」を心がけます。

 

 

最初からクリトリスにはいかず、

膣周辺と太ももに舌を這わせて

焦らすことでクンニはスタートします。 

 

 

段々とクリトリスに近づいていき、

女性が悶え始めたらサイン、クリトリスを刺激しましょう。

 

 

愛液が出てきていればすすってあげましょう。

 

 

じっくりと焦らしたら次第にクリトリスに向かいます。

 

 

クリトリス初めはやさしく舌先で舐め、

そのあいだ指で膣口を愛撫したり少し入れたりします。

 

 

初めから強く舐めるとその刺激に慣れてしまいますし

自身もすぐに疲れてしまいますので、

初めのうちは力をあまり入れずに軽くゆるく舐めるようにしましょう

 

 

クンニで相手を気持ちよくさせたいのであれば、

時間を惜しまずゆっくりねっとり舐めてあげることが大事です。

 

 

相手女性の反応を感じ取りつつ、

弱すぎない程度にゆるく軽く舐め続けましょう。

 

 

もちろん舌先が乾いてしまったら台無しですので、

乾いてきたと感じたら

愛液や唾液で補給することを忘れてはなりません。

 

 

そうして舐め続けると次第に愛液は溢れ、

クリトリスは勃起してくるのを感じると思います。

 

 

クリトリスは男性のペニスに相当する部分です。

 

 

また通常時は皮をかぶっている状態ですので

男性でいうと包茎の状態です。

 

 

むいてあげることでクリトリスは更に感度は上がりますが、

非常に敏感なため何も考えずにクリトリスをむくと

女性は痛みを感じます。

 

 

こうなると今までのクンニは完全に台無しです。

 

 

クリトリスをむく際は、

ゆっくり優しくお腹の方に軽く上げる感じでむいてあげましょう。

 

 

そして、むいた後もいきなり強く舐めるのではなく、

まずは軽く優しく舐めるように心掛けましょう。

焦りは禁物です。

 

相手女性の反応が徐々に変わってきているのを

感じたら少しずつ本気モードに移行です。

 

 

少しずつ舌先の動きを強く早くしていきます。

 

 

基本は舌先を左右に動かし、

クリトリスをビンタするようなイメージです。

 

 

これは通常時でも口の中で誰にも気付かれずに

練習することができますので、

常日頃から速度・持久力をつけるためにも練習しておきましょう。

 

 

しかし、この舌先運動を続けると

次第に疲れてきますので、

疲れてきたら上下運動に切り替えて

舌先でクリトリスをクリっクリっと弾いたり、

 

 

舌先をすぼめて(とがらせて)

膣内に入れたりするのもよいでしょう。

 

 

クリトリスを愛液や唾液でしっかりと濡らした唇で包み、

ズビズバと音を立てて吸ってあげるのもよいでしょう。

 

ここまでくれば相手女性はトロンとした状態に

なっていますので、あとは手マンや挿入でイカせてあげましょう。

 

 

また、このままクンニでイカせたいのであれば、

ここからさらに上述の舌先ビンタ運動を行います。

 

 

先ほどと同様に最初は軽くスタートし、

次第に強く早くしていきます。

 

 

イカせたいのであれば疲れたからといってストップせず、

かといって雑にならないように頑張りましょう。

 

 

より気持ちよくするための速度、

強靭な持久力を舌先につけるためにも、

常日頃から口の中でトレーニングを行うよう心がけましょう。

 

 

刺激も一定のリズム・スピードで舐めるのがコツで、

休まずに舐められる体力が必要です。

 

 

クンニの姿勢とイキやすい工夫

 

 

まず女性が仰向けになって開脚します。

 

 

そして男性は女性の脚の間に、

腹這い姿勢をとります。

 

 

その際に女性の腰の下へクッションを入れてあげましょう。

 

 

それをするだけで男性側への負担が、

かなり減らせるのです。

 

 

女性をイキやすくするためには工夫が必要です。

 

 

ピンと脚を伸ばしてもらうのです。

つま先へ力を入れてもらうと、

かなりイキやすくなります。

 

 

慣れない女性が力を入れすぎて、

脚が吊ってしまうことがありますので、

その辺りは男性が注意しながら、見てあげるといいでしょう。

 

 

ただしあまり脚を開きすぎると、

反対にイキにくくなることがあります。

 

 

ある程度、狭い角度にしておくのがポイントです。

 

 

クッションを腰の下へ入れて脚を伸ばすと、

股関節が完全に伸びきるのです。

 

 

この姿勢になると、

多くの女性がオーガズムに達しやすいと言われています。

 

 

 

まとめ

  

基本的にクンニ自体は、気持ちが良く、

されることが好きな子は多いのですが、

嫌がる女性は一定数います。

 

 

女性がクンニを拒否しても怒ったり責めたり、

本気で嫌がっているのに無理やりしないようにしましょう。

 

 

女性からしたら「本当に恥ずかしい行為である

ということを忘れないようにしてください。

 

 

されたくない理由を尋ねる時は、

セックスが終わった後に聞くと教えてくれるかもしれません。

 

 

また、彼女が勇気を出してクンニさせてくれたのに、

彼氏のほうが臭いに顔を背けたり文句を言ってしまったら、

彼女は心に傷を負ってしまいます。

 

 

「自分からする」と言ったのであれば、

どんなに臭いがしたとしてもそれを顔や言葉に

出さないように注意しましょう。

 

 

『嘘も方便』と言います。

クンニをしかけた側の男性が、

臭いに負けて顔をしかめるということは絶対にやってはいけません。

 

 

少々臭ってもそんなことは、

おくびにも出さずクンニし続けるのが格好いい男の姿なのです。

 

 

ウニだって初めて食べたときは

「変な味だな」と思ったりしたはずです。

ビールも最初に飲んだときは「苦いなあ」と感じたはず。

 

 

性的嗜好同じです。

続けていくうちに好みが変わってくるのです。

 

 

そのうち少し臭うくらいの方が、

興奮してくるようになるのかもしれません。

 

 

 今回は以上です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。 

 

初デートは、誘い方が肝心

こんにちは、ジョーです。

 

 

片思いを実らせるためには、

“初デート”は誰もが通る登竜門です。

 

 

しかし、意中の相手がいるけど一歩踏み出せず、

『なかなかデートに誘えない』または

『デートに誘っても断られてしまう…』

という悩みを抱えた男性が多いのではないでしょうか?

 

 

そこで今回は、そんな男性の悩みに応えるべく、

初デートの誘いでOKの返事がもらえる誘い方、

テクニックをご紹介します。

 

 

初デートは結局、誘い方で8割決まります。

まずは、初デートに誘うまでのプロセスをお伝えします。

 

目次

 

 

初デートの誘い方における注意点① 好きな相手との適切な連絡頻度

片思い女性へのアプローチは、

相手の生活を邪魔し過ぎないくらいが適切です。

 

 

雑に連絡を取らず、

少しずつ大切かつ丁寧に連絡を取り合いましょう。

 

 

片思い女性と連絡することが嬉しくて、

一気に連絡を取り過ぎないように注意してください。

 

 

LINEのスタンプや

短文コミュニケーションなら何回でも構いませんが、

長い文章で送るやり取りの場合は

一日2〜3回くらいを目安にしてみてください。

 

 

相手の生活を邪魔しない3つの話題

  • お疲れ様などの労りメール

『最近忙しいけど、無理しないでね。いつもお疲れさま』

といったシンプルで返信しやすいものは無難ですね。

 

 

  • 季節の話題

『最近寒くなってきたね〜。風邪とか引いてない?』

といった気遣いをしつつ

季節を感じる内容です。

答えやすく落ち着いた内容です。

 

 

  • 小さな相談

『最近料理始めたんだけど、◯◯ちゃん料理得意だったよね。

初心者におすすめの料理ある?』

といった相談する内容です。

 

 

もし相手が乗ってきてくれたら

距離を上手くつめることができそうですね。

女性との会話の話題を増やしましょう。

 

 

 

初デートの誘い方における注意点② ラインやメールで気をつけること

 

片思い女性とのLINEは

会話のキャッチボールを意識して

コミュニケーションしてください。

 

 

文章のポイントとしては

長文過ぎず、短文過ぎないことです。

 

 

長文を打つと、女性が

この人と メール(ライン)するの疲れるなぁ

と思ってしまいます。

 

 

片思い中の女性がコミュニケーションしやすいように、

硬くなりすぎないように顔文字を適度に入れるとより理想的です。

 

 

また、基本的に相手が返信しやすい時間に

メールやラインを送りましょう。

 

 

そうすることで

この人、なんだか居心地がいいなぁ

と無意識で思ってくれるので、距離を詰めやすくなります。

 

 

メール(ライン)は可能な限り夜、

そして毎回同じ時間に送ることによって

「あ、今日もくるのかなぁ」と期待させることができます。

 

 

ワクワク・ドキドキさせれば、

あなたの作戦勝ちと言えるでしょう。

 

 

では、ここから初デートに誘うタイミングや誘い方をご紹介していきます。

 

 

 

初デートの誘い方における注意点③ 誘うタイミング

 

初デートの誘うタイミングは

5回から6回ほど会話のキャッチボールが

スムーズに進んだ時に軽い気持ちで誘ってみましょう。

 

 

最初の連絡から一週間ほどかけて

しっかりと会話を弾ませて、

下準備を行うことが重要です。

 

 

初デートの成功率はタイミングが特に重要になります。

 

 

初デートの誘い方における注意点④ 場所選びのポイント

 

初デートに誘う場所は無駄に高いところや

雰囲気の良いところではなく、

自分が「慣れているお店」にしましょう。

 

 

居酒屋や行きつけの店でも構いません。

 

 

デートにおいて自分を良く見せようとして、

不慣れな場所をセレクトすると失敗します。

 

 

無理をして良い格好に見せても、

女性には無理してる感が伝わり、

大怪我することになります。

 

 

初デートの場所として重要なことは

自分の得意なフィールドで勝負すること。

 

 

得意な場所であれば、貴方自信も楽しむことが出来るため、

自然と女性を楽しませる余裕も生まれます。

 

 

【絶対OKをもらえないデートの誘い方NG集5選】


デ-トの誘い方NG① ちょっと軽すぎ? 


「どっか行かない?」

なんて場所も予定も決まっていないのに

相手にそう誘っても、絶対にOKはもらえないでしょう。

 

 

スマートな男性なら、

行く場所やすること、日にちなど

デートプランはある程度決めておきます。

 

 

テキトーにどこかへ行かないかなど、

軽い男のする誘い方と思われてしまいます。


デ-トの誘い方NG② 相手の予定を考えていない!

 

強引な男性に女性は惹かれますが、

あまりにも強引過ぎる誘い方はNGです。

 

 

明日○○時に○○で待ってるから」と伝えたら、

好意もアピールできますし、

待たせていると印象付けて

相手もしぶしぶ来てくれるかもしれません。

 

 

そこから、最高のデートプランを用意すれば

彼女はメロメロになるかもしれません。

 

デ-トの誘い方NG③ 上から目線な誘い方

 

「じゃあデートしてやるよ」

みたいなデートの誘い方をすると

断られるばかりか確実に嫌われます。

 

 

むしろ、周りに言いふらされて

あなたの株すら下がってしまうかもしれませんね。

 

デ-トの誘い方NG④ みんなと一緒に…


それってデートじゃないと思われてしまいますが、

みんなと一緒に行こうと誘うのはNGです。

 

 

友達で終わるパターンですね。

 

 

恋人同士になりたいのなら、

まずは二人で出かけるお誘い方をしましょう。

 

 

デ-トの誘い方NG⑤ 友達が来られないから…


なんて誘うのは絶対にダメです!

 

 

私はその子の代わりなの?!

と思われてしまいます。

 

 

友達が来られないから、

予定がキャンセルになったから、

などの理由は、ウソでも言わないでおきましょう。

 

 

実際に本当のことでも黙っておいた方が身の為です。

 

 

 

片思い女性を初デートに連れて行く誘い方を完全レクチャー!

【どんな誘い方をすればOKをもらいやすいの?】

基本的に、女性はうじうじしている男性は

あまり好きではありません。

 

 

LINEでデートに誘う人も多いと思いますが、

そこで注意したいのがLINEの既読についてです。

 

 

たとえば、明日の予定を聞いてきたから返事をしたのに、

中々次の返信が来ない。

 

 

そうなるともう女性は、

デートに誘われてももうあまり気乗りしません。

 

 

デートに誘うならさっさと誘って!

そう考えるのが女性という生き物です。

 

 

デートに誘う際は、

うじうじした誘い方はせずに

真正面からぶつかりましょう

 

 

そうすればデートのOKをもらいやすくなります。
シンプルにただ、「デートへ行こう」

というだけでいいのです。

 

 

あまりうじうじしていたら絶対にOKをもらえなくなりますよ。

 

 

【もうひと押しでデート誘えそう! というとき使えるシチュエーションや一言】


①ある日突然デートに誘う

心の準備ができていないからと言って、

デートのお誘いを断る女性は少ないです。

 

 

もうひと押しでOKがもらえそうなら、

その日のうちにその日の予定を埋めちゃいましょう!

 

 

たった一言でいいんです。

「今度遊ぼう」ではなく、

「今日遊ばない?」と誘ってみてください。

 

 

もしダメなら、

じゃあ予定が空いてる日教えてよ

ということができます。

 

 

ランチに誘うのもいいですし、

映画に誘うのもいいですね。

 

 

ただ、誘ったのが当日なのに

デートプランをしっかり決めていたり、

あまりにも誘い方が手馴れていたら

女慣れしている」と思われてしまうので、注意が必要です。

 

 

 

 ② 男同士ではいけないところに誘う

 

たとえば、水族館や映画館、遊園地などは

あまり男同士で行くところではありませんよね。

 

 

そこでおすすめなのが

○○に行きたいんだけど一緒に行ってくれる人がいないんだよね~

作戦です!

 

 

そういった、「鉄板」ともいえる

デートスポットへ誘うと、相手も意識しますし、

しかも変に緊張することなく気軽にデートへ行くことができます。

 

 

男性としても誘いやすい言い訳ではないでしょうか。

 

 

「○○水族館に行ってみたいんだよね。

今度イベントがあるから、その日についてきてくれない?」

そんな軽い感じて大丈夫です!

 

 

イベントの日にちはチェックしておいて、

「チケットがある」などの理由をつけて誘うのもおすすめです。

 

 

③口実だというバレバレのウソをつく誘い方も!

「家族の誕生日だからプレゼント選びに付き合ってほしい」

というウソバレバレの口実で誘うのもありです!

 

 

あなたの好意をアピールできますし、

家族想いで優しい人だという印象を持たせることができます。

 

 

また、家族がらみだと

将来性のことまで期待されちゃうかもしれないので、

結婚などまだ考えていない、彼氏彼女の付き合いがしたいのなら

「友達の」「上司への」と相手を変えてもいいかもしれませんね。

 

 

プレゼント選びにつきあってもらえたら、

ついでに彼女にお礼の意味を込めて何か買ってあげると

よりスマートな男性だとアピールできます。

 

 

【初デートはディナーではなくランチ or ブランチ】

 

女性は多くの男性に言い寄られています。

一般的なディナーのデートには

誘われ慣れていることでしょう。

 

 

他の男性との初デート差別化を計るために、

初デートはディナーではなくランチやブランチに誘いましょう

 

 

「なんかこの男性、他の男の人達と違うな」

って思われること間違いありません。

 

 

また、朝や昼なら予定の空いていることが多い、

お持ち帰りされる心配がない、

などの理由からデートの誘いに乗ってくれる可能性がグッと上がります。

 

 

相手を落とそうという気持ちではなく、

楽しもうというマインド女性をエスコートしましょう。

 

 

“初デートで相手のお腹をいっぱいにするな”

人間の三大欲求(食欲・性欲・睡眠欲)は相互にリンクします。

そのため、食欲が満たされると性欲が弱まってしまいます。

 

 

初デートは必ず腹八分目くらいまでを

満たせるデートにしましょう。

 

 

間違っても食事の途中で「まだ食べる?」とか

「お腹減ってない?」と食事を即してはだめです。

 

 

【 誘い文句は「美味しいパスタのお店行かない?」】

 

女性は「デートしてください」ではなく

美味しいパスタの店があるから行かない?」

と言われる方がデートを快く承諾するようになります。

 

 

それは、"デート"という単語が入ってしまうと

相手は身を引いてしまう恐れがあるからです。

 

 

パスタを楽しむことが目的という方向へ

ベクトルを向けることで片思い相手も

気兼ねなく初デートについて来てくれるようになります。

 

 

 

 “撒き餌メール理論”という心理テクニックを使う

女性はイメージにつながらないと行動に移りません。

そのため、撒き餌メールをしてみましょう。

 

 

LINEにパスタの写真などを載っけて送ってみてください。

 

 

そうすれば、女性によっては

「デートに誘われた」のではなく

「美味しいパスタを食べる」と勘違いしてくれます。

 

 

デートの誘いも、自然とOKしてるという訳です。

 

 

 

【要求を飲ませるテクニック「ドア・イン・ザ・フェイス」】

 

一度デートの誘いを断られてもめげてはいけません。

 

 

実は絶好のデートにもう一度誘うチャンスです。

ドア・イン・ザ・フェイスを使いましょう。

 

 

最初に難易度の高い誘いをして、断られたら、

少し譲歩して難易度の低い誘いをする恋愛テクニックです。

 

 

ビジネスシーンでも多用される

“YES”をもらうテクニックで、

セールスマンが訪問先で断られた後に

ドアから顔をつっこむ動作が名前の由来になりました。

 

 

ドア・イン・ザ・フェイスを使った初デートの誘い方

♂「◯◯ちゃん、来週の日曜日に遊園地行こうよ」

♀「ちょっと無理かな、急がしくて…」

♂「わかった。じゃあ来週の土曜日か日曜日の夜一緒にご飯食べようよ」

♀「…ご飯だけなら大丈夫かも」

 

 

最初の提案は遊園地に行こうというものでしたが、

二回目の提案はご飯を一緒に食べるというものに

変更されていますよね。

 

 

明らかに二回目のお誘いの方が

デートのハードルが低くなっています。

 

 

女性は男性側が譲歩したことを無意識に感じ取り、

「相手が譲歩したんだから私も譲歩しなきゃいけないなぁ」

という気持ちになってくれます。

 

 

もし、譲歩した提案が受け入れられなくても、

少し応用すれば3回目のお誘いも提案することができます。

 

 

♂「◯◯ちゃん、来週の日曜日に遊園地行こうよ」

♀「ちょっと無理かな、急がしくて…」

♂「わかった。じゃあ来週の土曜日か日曜日の夜一緒にご飯食べようよ」

♀「…夜は予定があって厳しいかも」

♂「そっかぁ、そしたらさ、来週の土曜日か日曜日のお昼1時間だけもいいから一緒にお茶しよ」

♀「まあ、1時間だけなら時間取れるかもっ」

 

 

ただ粘るだけではしつこい男です。

 

 

最初に提案した誘いより少しずつ

ハードルを低くすることで上手な誘い方に早変わりします。

 

 

可愛い女の子を初デートに誘うときは、

もはや断られる前提で勝負してみましょう!

 

 

 

初デートは断られても、絶対に諦めないこと。

 

 

ただし、三回以上の誘いは、

普通の人だと「ストーカーみたい」とか

「この人気持ち悪い」と思われてしまいますので、

さじ加減には十分注意してください。

 

 

しっかりとした誘い方であなたも幸せを勝ち取りましょう!

 

 

最後に、初デートで気をつけること

 

一番気をつけるべきは、デート時の服装です。

 

 

女性は服装がダサい人と一緒に歩きたがらないです。

 

 

女性にマイナスの印象を受けない

シンプルかつ清潔感に溢れる服装と髪型を心掛けましょう。

 

 

基本的に服装に個性はいりません。

デートの時はマイナスのない服装を心掛けましょう。

 

 

今回は以上です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

【セックス体位】騎乗位のコツ・腰の動き方から小技テクニック8選

こんにちは、ジョーです。

 

 

 

セックスで相手が気持ちよくなっているかどうか

気になる女性はいませんか?

 

 

セックスをする際に騎乗位が

男性には喜ばれるということをご存知ですか?

 

 

彼氏を喜ばせるために、騎乗位を上達させたいけど、

何から始めたら良いのか分からない…

と悩まされている方も居るのではないでしょうか。

 

 

実は、騎乗位はコツさえつかめば

簡単に上達させることができて、

セックスで男性を喜ばせる事ができるのです。

 

 

今回は、男性を快楽に導けるようになってもらうために、

騎乗位の基本的な仕方から小技テクニック、

上達方法までを具体的に紹介していきます。

 

 

目次

 

 

 

 

騎乗位とは?

騎乗位とは、女性が男性の上に乗り、

女性が動く体位です。

 

 

男女の位置上、Gスポットに当たりやすく、

女性のエロさを強調する体位として、

風俗業界でもよく使われています。

 

 

女性が主導で楽しめるセックスの数少ない体位なので、

女性がテクニックを身につけて、

男性を喜ばせたいと思う時におすすめの体位になります。

 

 

どんな体勢でセックスをするかは

流れからになると思いますが、

男性からあえて促されて騎乗位になることもあると思います。

 

 

乗った時に、男性や男性のサイドに

手を置くことで安定させることができます。

 

 

また、男性が仰向けになり、

女性が男性の上半身に体重を預け、

女性がそのまま体を倒すと、

男性のペニスが自然とGスポットに当たるので、

女性が快感を得やすい体位であると言われます。

 

 

騎乗位の基本的な5つの動き

 

騎乗位といっても、

男性の上半身側に倒れこむような姿勢だったり、

女性が後ろ側に手を置いたりと様々です。

 

 

上半身は女性も倒してしまい、抱きついた状態で動く

・男性の方にお尻を向けて体を倒して動く(バック体勢で、上級向けです。)

・男性の胸や両サイドに手をついて、上半身が起きている状態で動く

・女性は体を後ろに反って、男性の脚の両サイドに手をつくか、男性に膝を曲げてもらって、そこに手をついて動くなどがあります。

 

 

男性側としても、結合部が見えたりすると

燃えやすいかったりするので、

男性の好きな体勢を見つけてみるのも良いでしょう。

 

 

抱きついた状態の騎乗位は、

普通の騎乗位と男性器と膣の角度が変わり、

違った感覚を味わえます。

 

 

基本的な動き1.グラインド騎乗位

 

女の人が一番気持ちよくなりやすい動きだと思います。

 

 

根元まで挿入して骨盤を前後に振るようにすると、

子宮口にコリコリと亀頭が当たり、

Gスポットも圧迫され、クリトリスも擦れるので中イキしやすいです。

 

 

挿入してから、緩やかに前後に腰を動かします。

このとき上半身は動かさず、

肋骨から下だけを動かすように意識するのがポイントです。

 

 

小刻みな動きではなく、

なるべく大きく動くようにします。

 

 

男性と両手を握り合わせるようにして支えてもらうと、

動くのが楽になるかもしれません。

 

 

上体を少し反らせて胸を張ると感じ方も少し変わるので、

自分に合うように姿勢を変えながらやってみてください。

 

 

この動きは腰をくねくねと動かすので、

いやらしく見えて男性にとって視覚的にはいいのですが、

出し入れ運動ではないので男性器への刺激が意外と小さいです。

 

 

しかし、イクのを我慢しやすい体位なので、

男性が早くイってしまいがちな場合は

コレで時間調節をしてみてください。

 

 

また、人によっては腰の振り幅を大きくすると、

男性器が根元からもっていかれる感じがして痛いので、

相手の男性の反応をよく見て振り幅を調整しましょう。

 

 

基本的な動き2.腰を上にめがけて動かす騎乗位

 

膝をついたまま上にめがけて

腰を突き上げるように動かします。

 

 

女性のGスポットなど、

気持ちいい場所を探りやすい動きになります。

 

 

『グラインド騎乗位』より小刻みで

早い動きを意識しましょう。

 

 

このとき、男性の太ももあたりに手を突いて

少しだけ上体を反らせるのがポイントです。

 

 

しかしあまり反らしすぎると、

男性も角度がついて痛みを感じてしまうので気をつけましょう。

 

 

 

基本的な動き3.上下ピストンの騎乗位

 

足の裏をベッドにつけた状態で、

男性の上にしゃがむようなポーズになり、

上下に弾むように動きます。

 

 

このとき手は男性の腰~肋骨当たり

置かせてもらうのがコツです。

安定してより動きやすくなります。

 

 

動きが早ければ早いほど、お互いの存在を感じ、

より快感も高まります。

 

 

男性の反応を確かめながら、

足を閉じたり開いたりしてみてもいいでしょう。

 

 

男性目線では、足を開いた状態だと

つながっている部分が見えやすく興奮しますが、

閉じた状態であればより中の密着感が増して

気持ちいいと感じる人も多いです。

 

 

 

女の人にとっては難度の高いスクワットを

しているようなもので、

ももにものすごく乳酸が溜まるので長時間続けるのは正直辛いです。

 

 

けれど、脚の筋肉を使うことで

全体的な感度も上がるので、

途中でこの動きを挟むのはオススメです。

 

 

ももが痛くなってきたら、

後ろに手をついて結合部分を見せつけながら

上下にピストンすると楽ですよ。

 

 

基本的な動き4.背面騎乗位

 

男性の顔に背中を向けた状態で挿入し、

円を描くように腰を回して男性を刺激します

 

 

バックから挿入したときと似た角度になる為、

後背位の体位が好きな男性は

気に入る人が多いかもしれません。

 

 

この体位のポイントは、

男性の感じる部分にとても触れやすいことで、

腰を動かしながら、

無防備な男性の睾丸をさわさわとなでてあげましょう

 

 

少しSな男性には、

後から腰を掴んで揺さぶってもらうのもいいかもしれません。

 

 

 

基本的な動き5.上体を寝かした状態での騎乗位

 

男性と向き合った状態にで挿入し、

男性の身体に抱きつくように上半身を密着させます。

 

 

このときお腹同士はくっついたまま、

お尻だけ上下させます

 

 

骨盤だけを上手に振るようにすると、

運動量が小さく息もあがらないので、

 

 

余裕ができてくると目の前にある

男性の乳首を指や舌でいじったり、

口に含んでより官能を高めてあげましょう。

 

 

また、キスをしたまま行為をするのに

最も適した騎乗位の体位になります。

 

 

男性にとっては男性器に対して膣の角度がつき、

裏筋あたりに力が加わりやすいためイキやすい体位です。

 

 

特に男性器の上部をメインに短いピストンをすると、

かなり刺激があるようです。

 

 


それに対し女性は

相手の恥骨にクリトリスがリズミカルにぶつかるものの、

膣内ではGスポット側でなくお尻側に力が加わるのでイキにくいです。

 

 

なので、自分が気持ちよくなるというよりは、

遅漏の方への時間調節としておススメです。

 

 

 

騎乗位で男性がさらに喜ぶ小技テクニック8選

グラインド騎乗位や背面騎乗位など、

騎乗位の基本的な動きを紹介しました。

 

 

バリエーションが豊富で、

女性が主体的に動く動作ですが、

それでも慣れてくるまでは

男性をイカすことは難しいかもしれません

 

 

男性だけでなく女性も

私のテクニックでイカせてあげたい

という人は多いです。

 

 

なので、男性が騎乗位でイってしまう小技テクニックを

8つ紹介していきます

 

 

セックスで男性を簡単にイカせれるように

実際に取り組んでみてください。

 

 

小技テクニック1.焦らし方

騎乗位は女性が誘導する部分が大きいので、

男性をどのように焦らしたりするかも重要になります。

 

 

ムードが盛り上がるまでは、焦らしていきましょう。

 

 

騎乗位の主導権は女性にあります

 

 

女性が気持ち良いと感じるまで、

男性を焦らして、自分のペースで抜いたり、

入れたりして、男性にも乳首やお尻などを

愛撫してもらったりしましょう。

 

 

小技テクニック2.挿入する直前で焦らす

 

男性器を手で握り、その上から膣口に押し当てます。

挿入せず、そのまま前後にスライドさせ、男性の興奮を高めます。

 

 

挿入するときは、

男性器を持ち上げすぎないように気をつけましょう。

 

 

顔側にそりあがっている状態から反対方向へ引っ張ると、

角度がつきすぎて痛みを感じてしまうこともあります。

 

 

小技テクニック3.喘ぎ声の度合い

 

喘ぎ声もセックスを盛り上げるのに欠かせません。

 

 

騎乗位であると、

女性が自分で気持ちよくなるような

動かし方をしていることもあり、

 

 

喘ぎ声が大きくなることなどで、

男性は今の姿勢が気持ちいのかどうかなどを知ることができます。

 

 

喘ぎ声を出すのが恥ずかしいという人もいるかもしれませんが、

気持ち良いのであれば思い切って、声を出してみましょう。

 

 

より一層、盛り上がる刺激的なセックスができると思います。

 

 

 

小技テクニック4.言葉攻めをしてみる

 

普段はあまり聞かないような

「気持ちいい?」

「好き?愛してる?」

など様々な事を聞きながら、騎乗位セックスをしてみましょう。

 

 

普段は男性から聞かれるようなことを

女性から聞かれることで、

男性も少し恥ずかしいのと同時に燃え上がります。

 

 

 

小技テクニック5.騎乗位の状態で男性の乳首を舐める

 

騎乗位は女性に主導権があるため、

男性がキスをしたりしたくても、

焦らしたりすることができます。

 

 

 

その分、女性から普段は舐めないような

男性の乳首や耳などを舐めたりして、

男性の体を刺激してみましょう。

 

 

男性も乳首は弱いことが多いので、更に感じてくれるはずです。

 

 

 

小技テクニック6.ピストン運動と同時に睾丸を愛撫する

 

男性は睾丸も愛撫されるともちろん興奮します。

 

 

ピストン運動中に、睾丸を愛撫すると、

男性は気持ちよくなります。

 

 

騎乗位でも後ろ向きの場合には

睾丸をさらに愛撫しやすいですし、

アナルなども一緒に刺激すると、

男性の興奮度はアップします。

 

 

 

小技テクニック7.両手をつないで相手に軽く押し返してもらう

 

女性一人で行っていると疲れてくることもあったり、

男性にも何かをしてもらいたいと思うこともあるでしょう。

 

 

そういった時には手をつないでみると、

男性が押し返してくれる反動でピストン運動の補助をしてくれます。

 

 

二人で楽しみながらセックスができれば楽しいですよね

 

 

 

小技テクニック8.女性から男性を攻めてみる

 

騎乗位になると、女性が主導権を握れるので、

男性に自分からキスをしたり、

 

 

普段は受け身な場合でも、

騎乗位になると、積極的になれます

 

 

セックスはお互いが気持ちよく思えることが大切ですよね。

 

 

普段は恥ずかしいことでも、

騎乗位になったら思い切って行動に移してみましょう。

 

 

男性もそれを待っているかもしれませんよ。

 

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

 

解説してきました絶対知っておきたい

騎乗位の上達方法の基本をポイントとして以下で復習しておきましょう。

 

・騎乗位の種類

・腰の振り方

・体の動かし方

 

 

練習も大切ですが、

まずは上記がある程度身についてきたら、

いくつか実践してみましょう。

 

 

騎乗位でセックスをするときは、

恥ずかしがらずに思い切って体を動かしてみましょう。

 

 

最初はうまくできなかったり、

痛かったりすることもあると思いますが、

お互いの気持ちの良い体位などがわかってくると、

騎乗位でも動きやすくなってきます。

 

 

上手にできなくても、男性は

「前後に動いてみて?」

などと誘導してくれることもあります。

 

 

慣れるまでは男性に甘えて、

やり方をマスターしていきましょう。

 

 

慣れてきたら、小技テクニックを利用して

男性を気持ちよくさせてあげることをおすすめします。

 

・焦らし方

・挿入する直前で焦らす

・喘ぎ声の度合い

・両手をつないで相手に軽く押し返してもらう

・言葉攻めをしてみる

・騎乗位の状態で男性の乳首を舐める

・ピストン運動と同時に睾丸を愛撫する

・女性から男性を攻めてみる

 

普段とは違う女性の姿勢に

男性は興奮すること間違いなしです。

 

 

仕事で相手を喜ばせたい場合や、

お互いの愛情を確認したいカップルには

騎乗位はもってこいの体位だったりもします。

 

 

恥ずかしがらずに思い切って騎乗位をすることで、

より一層気持ちの良いセックスを楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

 

今回は以上です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

【セックス体位】正常位の正しい方法とテクニック

こんにちは、ジョーです。

 

 

今回は、セックスの体位で最もポピュラーな

正常位について紹介します。

 

 

目次

 

 

セックス体位-正常位とは?

 

48手、という言葉を聞いたことがあるかもしれませんが、

セックスの体位は簡単で定番のものから

難しくてマイナーなものまで48種類あるとされています。

 

 

その中で正常位は最も定番で人気、

全ての人がセックス中1度は行うといわれている体位の一つです。

 

 

女性からも人気があり、

単純な動きですがイキやすい体位と言われています。

 

 

女性はあまり動かなくてもよく、体勢も苦しくなくて、

快感を受けることに集中できます。

 

 

男性の顔を見ながらでき、

「愛されている」

「一緒にセックスをしている」

ということが感じられるのも人気の理由です。

 

 

女性が下で、男性が上になって行い、

お互いに向き合えるため相手の表情がよく見え、

それによって続けたり攻め方を変えたりして

より女性を喜ばせることができます。

 

 

挿入やストロークをしながらキスをしたり

胸や乳首を攻めるなど、女性の弱い同時責めも簡単で、

高度なテクニックがいらないので

初心者でも女性を満足させることができます。

 

 

ただ便利だから簡単だからと正常位ばかりしていると、

相手に物足りなさを感じさせてしまうこともあります。

 

 

すぐに体位を変えるのもせわしないですが、

正常位をベースにバリエーション豊かに攻めていきましょう。

 

 

この正常位、当たり前で簡単な体位のようにも思えますが、

実はとても奥深いです!

 

 

そこで今回は正常位の本当に正しい方法をまとめました。

これを知って、よりセックスを楽しめるようになりましょう。

 

 

正常位の正しい方法①

正常位はセックスの体位の中で

誰もがしたことのある定番の体位です。

 

 

しかし定番がゆえにおざなりになっていたり、

本当に正しいのかわからないまま

コトをなしている場合があります。

 

 

 まずは正常位の正しい方法を見ていきましょう。

 

 

この体位の良いところは女性のすべてが見渡せることと、

自分の両手が使いやすいところにあります。

 

 

まず、女性を仰向けに寝かせたら

女性の顔を見ながら髪を触ったり、キスをしたり、

胸を触ったりと前戯を楽しみましょう。

 

 

反応がよくわかるので、

挿入前に二人の気持ちを盛り上げるにはぴったりです。

 

 

正常位の正しい方法②

 

女性への愛撫がある程度済んだら、

男性は身体を起こして、

膝で半立ちの状態になります。

 

 

仰向けに寝ている女性を見下ろしているような状態です。

 

 

そして、女性の両膝を割って広げ、

挿入する膣の位置を確認します。

 

 

この時、指で触って愛撫してあげてもいいですし、

クンニしてあげると挿入前の準備も整いやすくなります。

 

 

女性によっては膣の位置(上付き、下付きなどと呼ばれます)が違いますし、挿入前にはなるべく愛撫を取り入れながら膣の位置を確認しておきましょう

 

正常位の正しい方法③


女性の膣の位置確認と愛撫が済んだら、

いよいよ挿入です。

 

 

男性は自分のペニスに手を添えながら

亀頭をしっかりと膣口にあてがいます。

 

 

指で女性の会陰を広げるようにするとスムーズです。

 

 

そして亀頭をグッと潜らせるように挿入します。

 

 

いきなり全部を挿入するのではなく、

まずは亀頭だけを挿入する方がいいでしょう。

 

 

亀頭が挿入できたら女性に痛みはないか、

確認してあげてください。

 

 

というのも膣口が濡れていても、

実は膣の中はまだ濡れていないということがあります。

 

 

なので、膣の中がちゃんと濡れているのか男性側も確認しつつ、

わからなければ挿入直後に「痛くない?大丈夫?」

などの一言を添えてあげましょう。

 

 

その一言があるだけで女性はリラックスすることができ、

「この人優しいな」と女性は思ってくれます。

 

 

また、女性の膣の中は、

男性器の形に慣れるまで少し時間がかかります。

 

 

女性はサイズに慣れるまで時間がかかるので

挿入は時間をかけてゆっくりと行うように意識しましょう

 

 

正常位の正しい方法④

 
ゆっくりと挿入し、根元まですべて入ったら、

20秒くらい静止し、

しばらくその体制のままお互いをならしましょう。

 

 

ハグし合いながらキスをしたり、

お互いの体に触れあって気分や雰囲気を盛り上げます。

 

 

この挿入時の一時休止が次にくる律動への

興奮を掻き立てる大切な時間になります

 

 

お互いの気持ちを確かめ合うこともできるので、

もどかしいという気持ちは持たずに、

挿入後の一時休止の時間を楽しんでみてください。

 

 

お互いの名前を呼び合ったり、

見つめ合ったりするとムードも良くなります。

 

 

テクニックが ある女性なら、

中を軽く締めて男性を煽るようにしてもいいですね。

 

 

正常位の正しい方法⑤

 

さて根元まで挿入して性器同士がなじんだら、

次はいよいよ腰の振り方です。

 

 

腰の振り方テクニックも奥が深く、

極めれば女性を喘がせるどころか

イカせたりすることも可能になります。

 

 

しかし最初からそこまで目指さなくても構いません。

 

 

女性はイッたかイカなかったかよりも、

どれだけ丁寧に優しく攻められたか、

快感のツボを攻められたかでセックスの満足度を判断するからです。

 

 

まずスタンダードなやり方としては、

挿入したまま少し前に倒れ、

女性の顔か肩の横に手を置き、腰だけを動かします。

 

 

ダンスのように、お尻を前後にテンポよく振っていきます。

 

 

そして動きに慣れてきたら、

次は女性の体勢を変えてみましょう。

 

 

抱き合っていた場合は男性がいったん体を離し、

女性の肩や腕らへんに両腕を付きます。

 

 

自分の上半身を両腕で支えたら、

腰をゆっくり動かします。

 

 

最初から激しく動かすのではなく、

ゆっくりと上下左右にグラインドさせるような腰つきがポイントです。

 

 

お互いの性器が律動に馴染んできたら

テンポよく腰を動かしていきましょう。

 

 

単純な律動に飽きてきたら女性の腰の高さを変えてみたり、

脚の開き具合を変えてみましょう。

 

 

女性の両脚を抱え込んで高めに上げてみたり、

両足首を掴んで脚を大きく広げてみると、

互いの接触ポイントが変わるので変化が楽しめます。

 

 

正常位の正しい方法⑥


更に体勢を変えることに慣れてきたら、

女性の両足を男性の肩に乗せて

より奥深くまで挿入できるようにしたり、

 

 

女性の上半身を少し横向けにして片足だけを肩に乗せたりすると、

足が広げられ奥まで差し込むことができます。

 

 

両足を肩に乗せると、

女性の股が締まって快感が増します。

角度や刺激の強弱による快感の違いを楽しめます

 

 

女性が体勢的に苦しそうであれば無理はせず、

クッションや枕などを用いて

腰の高さなどを変えてあげるとGOODです。

 

 

お互いにちょうどよいポジションを探しながら体勢を工夫すると、

無理なく行為を続けられます。

体勢を変更したい場合は一度動きを止めてみるのもいいでしょう。

 

 

正常位の正しい方法⑦


最後はどんな体制でも構いませんが、

お互いが一番気持ちよく感じる体勢でセックスを楽しみましょう

 

 

最後の方はスピードが上がるピストン運動になるので、

動きやすい体勢がおススメです。

 

 

男性が律動を繰り返しながら

女性の胸や性感ポイントを刺激してあげると、

より女性の興奮度が増して中の絞め付けがよくなります。

 

 

また、女性も男性 の律動に合わせて腰を動かしたり

浮かしたりするとより深くまで挿入できるので、

お互いに 感じる快感度も上がるでしょう。

 

 

お互いの体が離れた状態でOKですが、

最後はハグやキスし合ったり、

名前や声を掛け合 いながらフィニッシュを迎えられると、

精神的にも満たされやすくなります。

 

 

行為後は余韻も楽しみやすい


正常位は行為が終わった後も

セックスの余韻を感じやすい体位です。

 

 

男性が女性にかぶさっているような状態が多いと思いますが、

そのままハグし合ったり、キスをしてしばらく余韻を楽しみましょう。

 

 

行為が終わったからといって

いきなり挿入をやめてしまうのではなく、

繋がったままの体勢で呼吸を整えたり、

会話したりすることで、最後の最後までセックスを堪能することができますよ。

 

 

女性はこういったセックス後の

後戯に重きを置いている場合も少なくありません。

 

 

お互いに行為が終わったから終了、

というような淡泊なものにならないように

正常位の後戯も積極的に取り入れていきましょう。

 

 

まとめ


正常位はお互いの表情を確認し合いながら

気持ちを通わせることができる、

愛のある体位ともいえます。

 

 

男性も女性もセックスに集中しやすく、

簡単な体位なので、

正常位を極めておけば更にセックスが楽しくなるでしょう。

 

 

挿入だけでなく、体勢や愛撫など

色々楽しめるのも正常位の醍醐味の一つです

 

 

お互いに研究しながら正常位を極めてみましょう。

 

 

いかがでしたか?

普段何気なくしているであろう正常位ですが、

改めて考えてみると奥深 い体位であることがわかります。

 

 

定番だからこそ、

見直せる部分や極められる部分を秘めた、

魅力的な体位ですよね。

 

 

正常位だからと軽んじることなく、

思いっきり楽しめる体勢なども探してみてくださいね!

 

 

今回は以上です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。